魂のWebライティング、やってます

コカ・コーラって何からできてるの?【私の休肝日はコカ・コーラ 】

雑記・ネタ総合

このところ恐ろしく体重が増加しました。
代謝が悪くなったとか運動不足とかいろいろ言い訳してますが、ホントはわかってるんです。
酒です。金麦です。

金麦ちゃん、缶の記載によれば100mlあたりのカロリーは43kcalだそうです。
500mlを2本飲むと・・・
え、待って?4300kcal??
ほんとにこれ合ってる???

いや430kcalか、ビビった、バカを晒しただけだった。

それにしたってこんなのを毎晩続けてたら太らないわけがありません。
毎晩夜中にスイーツ食べてるのと一緒だ。
気づけて良かった・・・。
それにすんごいむくむしね、お酒。

そんなわけで禁酒を始めました。ゆるくですが←甘い
お酒飲まない日はコカ・コーラを飲んでます!
家族から「コーラも太る」なんて言われてましたが、飲むのなんてせいぜいコップに2杯(お酒と違ってそんなには進まない。寒いし)。金麦に比べたらかわいいもんでございます。

実は私、大人になるまでは炭酸が苦手で。
コーラを飲めるようになったのもごく最近です。

小さいころは「コーラは薬だ」ってのを信じてました。
そんな香りがするし!カゼとかに効きそうだし!

ということで、コーラって何からできてるのかを調べてみました!

コカ・コーラは何からできてる?

コカ・コーラは何からできているのかを、さっそく日本コカ・コーラのホームページで調べてみました。
そちらにはこのように書かれていました。

「コカ・コーラ」は、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料およびカフェインからできています。

引用:日本コカ・コーラホームページ よくあるご質問

何か漢方的なものとか入ってるのかと思ったら、入ってないみたい?!
香料というところにポイントがあるのかな?

ちなみにカロリーは100mlあたり45kcalだそうです。
ほら200ml程度ならかわいいもんだった!

wikipedeaを見てみたら、ナツメグオイルとかコリアンダーとかシナモンが入ってるみたい。
(参考:Wikipedia「コカ・コーラ」)
これが薬っぽく感じるのかな?!

ちなみに(2度目)コカ・コーラの「コカ」とはコカインとの説もあるみたいです。

炭酸が弱くなっちゃコーラの魅力半減!

ちなみに(3度目)私は1.5Lペットで購入しています。よく特売になっているので!
でも1.5Lはそうそう飲み切れない💦家族も飲みますが3~4日はかかってしまいます。

なのでこれ使ってます!

これはボトルの中に空気をいっぱい詰めることで内部の圧力を高め、炭酸を抜けにくくしてくれるという優れものなんです!
私はホームセンターで買いました。

ポイントは「パンッパンに詰めること」
もうムリ!ってほどボトルがパンパンになるまでシュッポンシュッポンします。

ごめんなさい、ホントはからっぽでした。さっき飲んじゃった(笑)

つけたままで開閉OK。

これをするとしないでは大違い!
さすがに3日もたつとシュワが弱まりますが、ただふたをしただけとは全然違います。
もうこれがなきゃ炭酸買えない!

まとめ:コカ・コーラは薬じゃないけどシュワシュワたまらないからやめられない

コカ・コーラは成分だけ見たら「甘みと香りが付いた炭酸水」でした。
薬じゃなかった。
でもコカ・コーラには依存してしまう魅力がありますね!

ぜひ、シュッポンシュッポンを使って美味しいコーラライフをお送りくださいね。

編集部のライターがあなたのメディアで書きます!書きます!