魂のWebライティング、やってます

檜(ヒノキ)のお風呂って何がいいの?ヒノキの効果を解説

雑記・ネタ総合

温泉に行くとヒノキでできた浴槽のお風呂がありますよね。
浴場に入った瞬間からふわ~っとあのヒノキのいい香りが充満してて、なんとも幸せな気分になります。

でもどうしてお風呂にヒノキなんでしょう?
他の木じゃダメなのかな?
ということで、ヒノキをお風呂に使うことで得られる効果を調べてみました。

ヒノキを浴槽に使う利点

ヒノキの木はとても強い材質で、建築に向いています。
神社や仏閣にはヒノキが使われているんですよ!
ヒノキは浴槽の材質としてもすぐれており、耐久性も高いです。
弱い木じゃ腐っちゃいそうですもんね。

でもただ強くて耐久性の高い材質なだけじゃこんなに人気は出ないはず!
ヒノキはなんといっても香りがいいですよね。
強くて香りがいいから、浴槽の材質としても人気なんですね。

ヒノキの効果

ヒノキには様々な効果があります。そのうちの3つをご紹介します。

リラックス効果

ヒノキの香りってとってもいい木の香りで、森林浴をしているようなリラックス感を味わえますよね。
これはヒノキに含まれる成分「フィトンチッド」のおかげ。
フィトンチッドは樹木から発散される物質のあのですが、このフィトンチッドにはリラックス効果があるんです。

また、フィトンチッドには空気を浄化したり消臭したりする効果も。これにより、さらにリラックスできるようになります。

除菌・殺菌効果

ヒノキには「ヒノキチオール」という物質が含まれています。
このヒノキチオールには抗菌作用があります。
その殺菌作用や抗炎症作用は、化粧品や食品防腐剤などにもりようされています。

お風呂にヒノキを利用することで、肌の炎症を抑えたり体臭を抑える効果が期待できます。

ヒノキはアトピーに効果がある?

ヒノキはアトピーにいいってご存知でしたか?

ヒノキに含まれるヒノキチオールには肌トラブルにも効果があるそうで、ひのきはアトピーにいいと言われています。

実はうちの娘はアトピー体質で、ひどくはないものの湿疹でステロイドが欠かせない状態でした。
そんな時に駅前のイベントで青森の物産展があって、そこで「ヒノキ玉」が売っていて。
販売していた方がアトピーにいいですよ~というので買ってみたんです。

これがそのヒノキ玉です。
濡れているので色が濃いですが、乾くと普通にあの木の色になります。

アトピーへの効果はどうだったかというと・・・

くさいからヤダ

娘にはにおいがきつかったようで(小さいころはにおいに敏感な子でした)。。。
アトピーへの効果を確かめることなく、防虫・防臭効果を期待してクローゼット行きになりましたとさ。

ヒノキ玉のその後

ヒノキ玉購入から10年近く経ちました。
お風呂の入浴剤が切れていたのでヒノキ玉のことを思い出して入れてみました。
そしたら、ものすごくいい香り!湯気と合わさると香りがたつのかな?
リラックス効果も抜群です。
娘も気に入ってくれて(成長ですね~)、最近はもっぱらヒノキのお風呂に入っています。
なんだかお湯も柔らかくなる気がするし、お肌もしっとりするような。
そして抗菌効果でしょうか、ヒノキ玉自体がカビません!

まとめ:ヒノキはいろいろいい効果があった

ヒノキのお風呂での効果についてまとめてみました。
我が家も思わぬきっかけからヒノキ風呂が復活し、お風呂タイムがより楽しくなりました。

でもこれ、たぶんネットから出して使うんですよね・・・?
バラしたら集めるのめんどくさいからこのままでいっか(笑)

編集部のライターがあなたのメディアで書きます!書きます!